「Shakespeare President II 1982」_03

¥ 18,360

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 1,188円
    • 東北

      • 青森県 864円
      • 岩手県 864円
      • 宮城県 756円
      • 秋田県 864円
      • 山形県 756円
      • 福島県 756円
    • 関東

      • 茨城県 756円
      • 栃木県 756円
      • 群馬県 756円
      • 埼玉県 756円
      • 千葉県 756円
      • 東京都 756円
      • 神奈川県 756円
      • 山梨県 756円
    • 信越

      • 新潟県 756円
      • 長野県 756円
    • 北陸

      • 富山県 756円
      • 石川県 756円
      • 福井県 756円
    • 東海

      • 岐阜県 756円
      • 静岡県 756円
      • 愛知県 756円
      • 三重県 756円
    • 近畿

      • 滋賀県 864円
      • 京都府 864円
      • 大阪府 864円
      • 兵庫県 864円
      • 奈良県 864円
      • 和歌山県 864円
    • 中国

      • 鳥取県 972円
      • 島根県 972円
      • 岡山県 972円
      • 広島県 972円
      • 山口県 972円
    • 四国

      • 徳島県 1,080円
      • 香川県 1,080円
      • 愛媛県 1,080円
      • 高知県 1,080円
    • 九州

      • 福岡県 1,188円
      • 佐賀県 1,188円
      • 長崎県 1,188円
      • 熊本県 1,188円
      • 大分県 1,188円
      • 宮崎県 1,188円
      • 鹿児島県 1,188円
    • 沖縄

      • 沖縄県 1,296円

なぜか日本ではあまり陽の当たらない存在であるShakespeare(シェイクスピア)が誇るベイトリールの名品「Shakespeare President II 1982」です。
 
Shakespeare社のベイトリール「President II」には、「1980」「1981」「1982」「1984」の4つのモデルがあり、このうち「1981」と「1982」はサイドプレートに軽合金が使われたライトウェイトモデルで、「1982」にはナロースプールが採用されています。
「Abu Ambassadeur」シリーズでいうと5000と2500クラスの中間くらい、といったサイズ感でしょうか。
「President II」をはじめとするShakespeareのリールは左右非対称のボディ形状がひとつの特徴。ハンドルの反対側ボディが一回り小さく作られているため、見た目のサイズ感よりパーミングがしやすく、とても実用的です。
糸巻き量は当時の表記で15lbラインを120yds(約109.7m)巻けることになっています。
手元のスケールで計測したところ、実重量は223gでした。
 
さて、この個体の状態ですが、キズがとても少なく、非常に綺麗な状態です。
リールフットに「MODEL DB」と刻印されていることから、1979年製造である可能性が高いのですが、それが正しいとすれば作られてからすでに40年近くが経過しています。
使用に際してできた置きキズ、あるいは指が触れていた場所などの塗装の擦れ、ハゲなどはありますが、いずれも軽微と言っていいものです。
クラッチ周りの部品、スプリングなどもヘタリ、欠け、目視できるような摩耗もありません。このシリーズならではのしっかりした動作感が得られます。
実釣はもちろん、コレクション目的にも最適な一台ではないでしょうか?
 
●ShakespeareとPflueger
 
ここでちょっと余談を。
この「President II」を見て、「どこかで見たような?」なんて思ったかたはいらっしゃいますか? そう、ボディのカラーリングなど細部こそ違いますが、基本構造は、日本で未だに高い人気を誇るビンテージリール「Pflueger 2600 / 2800」にそっくりなのです。
ここで、「なんだパクリかよ」と思うのは、あまりに早計。
実際は逆で、「Pflueger 2600 / 2800」はShakespeareのOEM商品なのです。
本来であればOEM元のShakespeareの人気がもっとあってもよさそうなものですが、ではなぜ日本ではこんなにPfluegerばかりがもてはやされるのか?
それにはちょっとしたヒミツがあるのです。
この辺りの経緯については、当店のBlogに主が記した文章をぜひご一読ください。
 
店主敬白20140913 少年釣具酔夢譚 その五
http://themaskingface.hatenablog.com/entry/2014/09/13/170746
 
外見と基本構造こそそっくりな「Pflueger 2600 / 2800」と「Shakespeare President II」ですが、実は内部を見てみると、特にクラッチ周りにおいてその違いは歴然。一部の部品が樹脂製に置き換わっているうえ、部品点数が「Pflueger」製品は圧倒的に少なく、簡略化されているのです。
以下のBlog記事でその比較写真を掲載しています。
 
番頭日記20140215 「Shakespeare President II 1980 HB」など5台を出品。
http://themaskingface.hatenablog.com/entry/2014/02/15/042410
 
日本では未だPfluegerより下に見られがちなShakespeare製品ですが、実際はどうであったのか?
そんなことに思いを馳せながら、このリールを手に取っていただければ幸いです。
 
なお、これら以外の写真は以下のページにてご覧いただけます。
購入をお考えのかたはぜひご参照ください。
https://www.facebook.com/pg/themaskingface/photos/?tab=album&album_id=1642378959129254

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する